So-net無料ブログ作成
検索選択

このお茶のハーブ一覧 [青の花茶はオフィスでも]

青の花茶はいろんなハーブブレンドしていて、健康的にスリムになれて、
癒されるという不思議なお茶なんです。でも草っぽい味がしたら嫌ですよね?

ご安心ください。自然の甘味があるテンチャと呼ばれるハーブが入っているので、
ほんのりと甘いのです。お茶にすると鮮やかなブルーのドリンク
できあがりますが、これは、バタフライピーという青い花の成分で、
タイでは誰でも知っているおなじみのハーブですが、日本ではまだまだ見かけたことが
ありませんよね?青い成分はブルーベリーと同じでアントシアニンです。

色彩学者によると、青は「リラックス」「抑制」の効果があるそうですよ。
だからリラックスしてストレスを発散、抑制で間食をやめることができるそうなんです。

そのほかにはアマチャヅルです。これはサポニンと呼ばれるネトネトが出る植物ですが、
石鹸の語源(サボン)となった成分です。多くの慢性病に効能を発揮することがわかっています。

たとえば、ストレス性疾患や神経痛など、ストレスの多い昨今の生活には欠かせないですよね。

ブルーのアントシアニンは眼精疲労回復にも効果を発揮することはもうご存知の方も
多いと思います。是非一度お試しください。

⇒青の花茶についてもっと!・・という方はこちら


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。